療養費支給のご案内

弾性着衣などの療養費支給のご案内

支給要件

がんの手術の際にリンパ節の切除を行いリンパ浮腫を発症した方※1が、医師の指導のもと購入した弾性着衣など※2※3が対象です。

支給回数は年2回までです。

2回目の申請は1回目から6ヶ月以上経過している必要があります。

1回の支給で、1部位ごとに2着までと決められています。

申請に必要な書類等

  • 弾性着衣等装着指示書(担当医が用意)
  • 弾性着衣等を購入した際の領収書(原本)
  • 健康保険証印鑑振込口座がかわるもの
  • 療養費支給申請書(申請窓口などに設置)

申請から支給までの流れ

  1. 担当医に「弾性着衣等装着指示書」を書いてもらいます(原則無料)。
  2. 「弾性着衣等装着指示書」に基づいて商品を購入し※4「領収書」を発行してもらいます。
  3. 保険者の事務所で申請します。「療養費支給申請書」に記入して、必要書類等といっしょに提出します。
    • 国民健康保険の方:役所
    • お勤めの方:社会保険事務所、健康保険組合など
  4. 審査終了後、約2~6ヶ月後ご指定の口座に振り込まれます。

支給額

下記の金額を上限に、1着または1組の購入額の7~9割が給付されます。

弾性ストッキング 28,000円
片足用 25,000円
弾性スリーブ 16,000円
弾性グローブ 15,000円
弾性包帯※5 上肢 7,000円
下肢 14,000円

注:
※1 支給対象となる疾病は医療機関へご確認ください。
※2 ガードルや下腹部圧迫用サポーター・補助パット(腹部用)については、保険者によって判断が異なりますので、申請前に確認してください。
※3 圧迫力が30mmHg以上(CCLクラス2以上)であることが条件ですが、装着指示書の特記事項に理由が記入されていれば20mmHg(CCLクラス1)でも構いません。
※4 一旦全額を自分でお支払いください。
※5 医師の判断により、弾性着衣を使用できないとの指示がある場合に限ります。

詳しくは所属されている保険者の事務所(役所の健康保険課や社会保険事務所など)にお問い合わせ下さい。

ページ上部へ戻る