平成30年度の診療報酬改訂における
「C005 在宅患者訪問看護・指導料」の 要件見直しについての情報提供


1)平成30年度の「在宅患者訪問看護・指導料」の要件に、褥瘡ケア又は
人工肛門ケア及び人工膀胱ケアに係る専門の研修を受けた看護師が追加され、また対象患者に、真皮を越える褥瘡の状態にある患者以外に、人工肛門若しくは人工膀胱を造設している者で管理が困難で通院が困難なものに対しても算定することが可能となりました。
2)人工肛門もしくは人工膀胱を造設患者で管理困難とされる、びらん等の皮膚障害が継続又は反復して生じている状態は、「ABCD-Stoma(ストーマ周囲皮膚障害の重症度評価スケール)において、A(近接部)、B(皮膚保護剤部)、C(皮膚保護剤外部)の3つの部位のうち1部位でも びらん、水疱・膿疱又は潰瘍・組織増大の状態が1週間以上継続している、もしくは1か月以内に反復して生じている状態」と示されています。
そのため、ストーマ周囲の皮膚の観察にはABCD-Stomaによる評価が必須となります。

(一部抜粋)
情報提供:一般社団法人 日本創傷・オストミー・失禁管理学会

ストーマケアの課題

ストーマケアは専門性の高いケアであるために、ストーマ患者様の
看護現場ではストーマに対する情報が不足している、ケア方法がわからない、
予防的スキンケアができないといったいくつかの課題があります。

ストーマケアの課題

『テレナケア® ストーマプロ』は、そんな看護現場の課題に対して、
ストーマ周囲皮膚障害の重症度評価スケール「ABCD-Stoma®ケア
を用いて、誰でも簡単にストーマ患者様のストーマケアができるよう
サポートする看護支援システムです。

テレナケア® ストーマプロの特徴

『テレナケア® ストーマプロ』では、チェックリストをチェックするだけで
ストーマ周囲の皮膚障害の”原因”と”要因”のアセスメントが行えます。
スキンケア方法が提示され、皮膚障害の重症化の予防、看護の簡略化
につなげます。

「ストーマ周囲皮膚障害の重症度評価スケールABCD-Stoma®」の
ツールを用い、

 ◆皮膚障害の重症度を点数としてあらわすことができ、共通の言語で
  判断できます。
 ◆適切なスキンケアを提供し、治癒までの時間短縮に貢献します。
 ◆看護現場の作業やケアリストが簡略化され、ケア計画・記録時間が
  半減されます。
 ◆相談システムがあり、アセスメントがなくてもケア相談ができます。
  「画像」「全身状態」「相談内容」の情報があれば、ケア相談が可能です。  

ストーマケアの管理がスマホでできます!

ABCD-Stoma®ケアがスマホでできます。

・『テレナケア® ストーマプロ』は、ABCD-Stoma®およびABCD-Stoma®
ケアに準拠しています。
・チェックリストに答えていくことで、慣れていない人でも迷わず
評価が行えます。
・アセスメントによりケアリストが作成され、原因や要因がわかります。

装具情報の検索がスマホでできます。

・皮膚障害の改善に有効な推奨装具やアクセサリーが分かります。
・国内に流通している装具やアクセサリーを検索できます。

専門家への相談がスマホでできます。

・用意された項目に答えるだけで、ストーマケアについて専門家に相談、
 回答をスマホで受け取ることができます。

医療の現場に応じた便利な使い方

テレナケア® ストーマプロには、使う人に合わせた便利な機能が豊富に用意されています。ストーマケアの課題

テレナケアストーマプロの評価

テレナケア® ストーマプロを利用する訪問看護ステーションのストーマ管理
テレナケア® ストーマプロ ケースレポート vol.1  テレナケア ストーマプロ ケースレポート

テレナケア ストーマプロ ケースレポート

ストーマプロに寄せられた皆様の声

ストーマ周囲皮膚障害はQOLに悪影響を与えます。達人技をいつでも・どこでも・誰でも利用できるようになったことは 本当にすばらしいことです。
(金沢大学 創傷看護学 教授 須釜 淳子 様)

(一社)日本創傷・オストミー・失禁管理学会で皮膚障害のケアを導き出せる 「ABCD-Stoma®ケア」の作成を担当しました。 それをツールとした「テレナケア® ストーマプロ」を使って、患者様の笑顔につなげて ほしいと願っています。
(金沢医科大学 成人看護学 教授/WOCN 紺家 千津子 様)

施設外のケアに困っているナースの方々の相談に対応でき、 WOCNとしてお役に立てて嬉しいです。さらに装具検索機能は 一度使うともう手放せません。
(金沢医科大学病院 看護部/WOCN 中村 徳子 様)

「テレナケア® ストーマプロ」を使い始めてから、当STスタッフは 自信を持ってストーマケアに携われるようになりました!
(光陽訪問看護ステーション 南部 清美 様)

主観的だったストーマの評価が、ICT技術によって誰でもできるよう 標準化された手法で、患者様に向き合えることに意義を感じています。
(越屋メディカルケア(株)/WOCN 谷端 梨枝子 様)
これまでナースの方々に大変なご苦労をおかけしてストーマの ケアをしていただいておりましたが、「テレナケア® ストーマプロ」でその負荷が軽減され、私自身も安心しています。
(患者 様)

2018年4月の診療報酬改定より、在宅ストーマケアにWOCNが同行して、 「ABCD-Stoma®ケア」で採点し、条件を満たせば「在宅患者訪問看護・指導料」の加算対象となりました。 ぜひ「テレナケア® ストーマプロ」を活用してください!
(越屋メディカルケア(株) 営業 山崎 小百合 様)

多くの皆様からアドバイスを頂戴しながら、医療現場でご活躍されているWOCNや 看護師の皆様にお使いいただけるよう改良を重ねてまいりました。 ぜひ「テレナケア® ストーマプロ」をお役立てください。
(株)COM-ONE 開発担当 川畑 欣史 様